薄毛 ヘアスタイル

育毛剤・養毛剤

薄毛に効果的なヘアスタイル

薄毛をどうやって隠すか!ヘアスタイルはどうしたらいいのか!
生えている髪をいかに効率よく使いこなすかが、悩んでいる人共通の思いです。
しかしこれは薄毛の本人が思っていることで、どうしても思いが偏り過ぎのような気がします。
隠すことばかりに目がいってしまい、不自然に長い髪、不自然なヘアスタイルを作りだしてしまっています。
実際にはこの発想と逆にするのが良いのです。

 

つまり、思い切って短髪にしてしまった方が見栄えもよく、しっくりくるのです。
髪の毛を長くしていると、皮脂でベタッとしてしまい、髪の分け目も変な感じになり薄毛の部分が目立つようになってきます。
あくまでも自然な感じを装うのがよく、長めのヘアスタイルにするのであれば分け目をつけることなく、変にヘアスタイルをがっちりしない方がいいようですよ。

 

またサビエル頭・・・頭頂部が薄くなってきてしまったような場合は、頭頂部を基準にして周りの髪の毛を梳いてみたり短くしてみるといいかもしれません。
地肌が均等になるおで、頭頂部の薄毛の部分が目立ちにくくなってきます。

 

また薄毛の場合、どうしてボリューム感に欠けてしまいます。
そういった場合は、油分の少ないムースなどで髪の毛を立たせてみるといいでしょう。
芸能人ならブラックマヨネーズの小杉のようにするのです。
彼は全体的に薄毛でが、それを上手に利用して髪の毛を立たせることで違和感をなくしています。

 

さてヘアケアのポイントですが、間違ってもカラーリングやパーマをあてるようなことはしないようにしましょう。
最近では髪のダメージの少ないパーマ液やカラーリングがありますよ、と美容院の人は薦めてくれる時がありますが、百歩譲って地肌に近いようなカラーリングとまりにしておきましょ。
この色であれば、薄毛や脱毛部位が目立つようなことはありませんが、将来のことを考えると諦めた方がいいでしょう。